ハカセトラベル

海外旅行の時、どこで両替するのが良いのか問題

多くの方が気になっていると思われる「海外旅行に行くとき、どこで両替するのか良いのか問題」を実践してきました。行先は香港。先日訪問したときにいろんなところで両替してみたので、結果を発表します。

今回は関空発香港行きピーチ63便(MM63)に搭乗しました。ふるさと納税を利用してほぼ無料で手配したものです。

まず最初の両替は関西空港第2ターミナルのSMBC信託銀行です。ここでは600香港ドルを9,642円で交換できました。計算すると1香港ドルは16.07円です。このレートが安いほどレートが良いわけですね。では搭乗して香港に向かいましょう。

ピーチ機内。狭いけど安いのでしょうがないですね。

さて香港に到着しました。入国審査と税関を通り抜けた出口のところに大きな両替所がありますので、こちらで日本円から香港ドルに両替してみます。

1万円札を差し出すと、慣れた手つきで香港ドルを出してくれました。紙にサインしてお金を受け取って終了。ここで は1万円で681.9香港ドルとなりました。

計算すると1香港ドル14.66円となります。日本の関西空港で両替するよりだいぶレートが良いですね。

ではホテルに向かいます。バスで尖沙咀(チムシャーチョイ)に到着して、ホテルがある重慶大厦に向かいます。ここは安宿が密集していることで有名なビルというかマンションです。宿が高いことで有名な香港ですが、ここだと日本円で3,000円くらいから泊まれます。その代わり絶望的に狭いですが…

この重慶大厦に入っている両替屋さんがレートが良いということなので試してみました。無愛想なお姉さんに1万円渡したら、711香港ドル渡されました。計算すると1香港ドル14.06円となります。だいぶレートが良いと思います。


重慶大厦。かなりカオスな感じです。

次に試すのは、デビットカードです。GMOあおぞらネット銀行のデビットカードを最近作ったので、日本で入金してきた日本円を香港のATMで引き出してみます。

ATMは街のどこにでもありますので、適当なところで引き出してみました。600香港ドル引き出したところ、日本のGMOあおぞらネット銀行の口座からは8,658円が即時に引き落とされていました。計算すると1香港ドル14.43円となります。

まとめます。4か所で両替した結果は以下のようになりました。安い順です。

14.06円 10,000円で711香港ドル @街中のレートが良いといわれている店(重慶大厦)
14.43円 10,000円で693香港ドル @GMOあおぞらネット銀行のデビットカード
14.66円 10,000円で682香港ドル @香港国際空港の税関出たところの両替所
16.07円 10,000円で622香港ドル @関西空港第2ターミナルのSMBC信託銀行
16.44円 10,000円で608香港ドル (参考)@香港のその辺にあった両替店で見たレート

両替するだけで103香港ドルも差が出るので、かなり大きな差に思われます。 (14.06 x 103 =1,448円)

レートだけ見ると現地に着いてから両替したほうが良いと思われますが、現地の通貨を持たずに到着するのが不安な場合もあると思いますので、少し高くても状況に応じて使い分けるのが良いと思います。

よければ参考にしてみてください。 最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です