ハカセトラベル

エアトリは本当にお得なのか!?

今回は個人的にも気になっていた「格安航空券サイトは本当に安いのか」という問題を検証してみたいと思います。結論から言ってしまうと、そういったサイトでは手数料が加算されている場合が多いです。

格安航空券を探せるサイトとして「エアトリ」「スカイチケット」等のサイトやスマホ用のアプリがあります。テレビCMやネット広告もたくさん出しているので、もうすでに使ったことがある方もいるかもしれません。

航空会社の公式ホームページで予約する場合と比べて、こういうサイトやアプリの方が何となく安そうな気になってしまいますが、果たしてそうでしょうか。ここでは実際に航空会社の公式サイトと「エアトリ」を見て実際の航空券の値段を比較してみようと思います。

今回はとりあえず需要が多そうな、
バニラエア913便 東京(成田)=>札幌(新千歳) 12:25発
で検索・比較してみましょう。

まずはバニラエアの公式WEBサイトで当該便を検索してみます。
最初に出てくる航空券代金は17980円と出てきます。次の画面に遷移すると諸税&手数料が650円加算されて18630円になり、次の最終的な支払い画面では支払い手数料というものが600円加算されて、支払総額は19230円という結果になりました。 (クレジット支払の場合)

次にはエアトリで検索してみます。
先ほどと同じバニラエアの便で検索してみると、最初の画面はバニラエア公式HPと同じ18630円ですが、次のページでは21870円に上がってしまいました。さてこれは何の料金でしょうか。「内訳」をクリックしてみましょう。そうするとここで3240円の取扱料金という謎の料金が加算されていることがわかります。

さらに画面を進めて支払い画面ではさらに1094円の事務手数料というものが加算されて合計22964円になってしまいました。

ちなみにこの1094円の事務手数料というのは、バニラエアの支払手数料と同等のもので、支払方法によって5-8%で変動するようです。

料金を比べた結果を表にしてみました。

何となく安そうだと気になっていたエアトリが、手数料の分だけ(3734円)最終的に高かったという結果になってしまいました。
ポイントが貯まる、クーポンが発行される、たまに行われるセールが安い、という良さもあるのかもしれませんが、どちらが良いのか検討してみる必要がありそうですね。

払い戻しやトラブルの時の対応についても、航空会社公式サイトから予約した場合の方がスムーズなようです。

※なおこの検証は航空券のみ予約の場合です。ホテルと組み合わせたりすると料金が変動する可能性があります。

最後までお読みいただきありがとうございました。機会があれば他のサイトも検証してみたいと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です